東京で自動車の板金を依頼した時の成功例と失敗例のまとめ

板金業者を東京で探すと、たくさんの業者が見つかるかと思います。一言に板金、自動車板金と言ってもそれぞれのお店で得意な車種や作業が異なるので、しっかりと自分の希望する板金が得意なお店を見つける必要があります。自動車板金といえば、衝撃を受けてへこんでしまったり、長年愛用し老朽化して変形してしまった場所を修理して直すというのが主な作業です。軽いものなら外側の金属部を板金作業で修理するのですが、損傷が激しくフレーム部分まで歪んでしまっている場合は少し大きな板金作業が必要となります。そしてもっと損傷がひどいとパネル取り替えになり、板金では修理が難しかったり、安全上の問題から交換を進められることになります。自動車板金は金属の加工はもちろんですが、塗装も作業に含まれます。

東京でできるだけお得に自動車板金を行う方法

自動車板金を頼む場合、ディーラーに相談して頼む方法もありますが、塗装の色など仕上がりの満足度は確実に高い修理をしてもらうことはできますが、手数料や仲介マージンなどを上乗せされどうしても値段は高くついてしまいます。少しでも安く済ませたい方は、やはり板金を専門に行なっているお店に頼むのが良いでしょう。東京ならお店もたくさんあるので、何店舗か見積もりを出してもらい、値引きの交渉をしてみることも大切です。チェーン店は値段もわかりやすく、比較的安価ではありますが、値引き交渉は少し難しい場合が多いです。他には、多少仕上がりが完璧でなくても妥協できるならば安価で済みます。部品の交換となるとどうしても値が張ってしまうので、交換が必要な場合は中古で状態の良いものを選んだり、少しの傷ならば自分で直してみるというのも良いかもしれません。

自動車板金の意外な失敗例の落とし穴

自動車板金だと、へこみの修理を行う際には叩いたりするため、塗装を剥がす必要があり、再度塗装も行います。その塗装が結構重要で、少しでも色が違うと一気にクオリティが下がってしまうので、失敗例も多い事が多いです。東京だとたくさんの自動車メーカーがあると思いますが、自動車メーカー毎に、オリジナルの塗装カラーがあったりするので、ディーラーなら確実に同じ塗料を用意できますが、板金業者に頼んだ場合、特殊なカラーだと完全に同じ塗料を用意できない場合があり、職人さんの腕にかかってきます。大したことないへこみの修理で、へこみは問題なく直ったのに、塗装カラーが特殊なために修理した場所だけ少し色が違ってしまい、変にそこだけ目立ってしまうこともあります。愛車が特殊なカラーの方は、少し値段は張ってしまうかもしれませんが、ディーラーに任せるほうが安心かと思います。