通販で帽子を買うときの方法や手順などを解説します

店舗で帽子をあれこれ探し回っても、なかなか気に入ったものが見つからないということもあるものです。そんな時には、通販であれば豊富な種類から選ぶこともできます。しかし、実際に被ってみることができないので、自分のサイズに合うかどうか不安に感じてしまうこともあるでしょう。通販で買いたい時には、自分の頭のサイズを把握することから始める必要があります。迷っているのなら、大き目のサイズにしておけばスポンジテープを使用するなどのカバーができる方法があります。しかし、大きすぎてどうしても無理だという場合や小さくて入らないという場合に備えて、返品やサイズ交換が可能なのかと言ったアフターフォローについても事前にチェックを置く必要があります。そうすれば、通販で購入することでも不安はありません。

自分のサイズチェックから始めよう

商品紹介ページには、サイズに合わせた頭の寸法の記載がされています。自分はどのサイズが適しているのかというのは実際に計測する必要があり、正しい寸法を出すことが欠かせません。帽子購入の際のサイズ計測は、耳から指二本分上の高さを基準に、額と後頭部を通った長さで計測をしておきます。もしも深めに被りたいという場合には、被りたい部分の長さで計測をします。額部分を額の中心や生え際付近にするなど、好みの高さで測っておきます。この寸法に1㎝足した長さがベストなサイズとなります。ただし、シルクハットのようなしっかりとした形のものになれば、寸法が良くても額や後頭部が浮いてサイズが小さめに感じることもあるので、どちらかというと大き目を選択しておけば間違いがありません。

もしもに備えたアフターフォローをチェックしておこう

自分の頭のサイズを計測してじっくり考えて選んだ帽子であっても、商品が届いて被ってみたら自分の頭のサイズに合わなかったり、長さはちょうど良くても頭の形によっても合わないことがあります。そんな時には、その店舗ではどのようにして対応してくれるのかというチェックを事前に行っておくことは欠かせません。別のサイズの在庫があった場合に備えて、交換方法をチェックしておきます。また、一番大きなサイズや、ワンサイズのみで交換することができないという場合、返品が可能なのか、しっかりと返金してもらうことができるのかのチェックもしておきます。返品に関しては、送料は自己負担で店舗まで送り返すというのが一般的です。指定されている宅配便業者があるのかの確認もしておきます。